緊急連絡

 特にありません

新着
掲示板

学校生活

携帯端末 呼吸のおまもり

ICT機器の活用が進む中、子どもたちは、学校でも、家でもタブレットやパソコン、スマホやゲーム機の画面を見る時間が増えています。特に画面から放出されるブルーライトという、紫外線に近い波長の光は、目の病気ばかりでなく、頭痛や体調不良などの原因になるらしいと言われています。

そこで、本校の保健委員会は、5校時が始まる直前に、【目を休ませる活動】を取り入れることにしました。校内放送で、「呼吸のおまもり」という曲を流し、およそ2分間、目を閉じてリラックスします。

「呼吸のおまもり」は、TOKYO FMのラジオCM用に、南壽あさ子(なすあさこ)さんという方が作曲したものです。本来は災害時や非常事態の時に、ラジオを聞いた人が、気持ちを落ち着かせるように作った曲だそうです。新型コロナウイルスの影響で暗い気持ちになる人が増えたことが関係し、不安な日常の中、ラジオから流れた「呼吸のおまもり」という曲に「安心した」「癒された」との声が多く聞かれ、反響が大きくなり、音源化さたのだそうです。本校の養護教諭が、この曲を使わせてもらうために、FM群馬の朝の番組であるWAIWAIGroovin’の内藤聡MCに依頼し、FM群馬が、TOKYO FMに依頼して、富中保健委員会の取り組みに賛同してくれた関係者や南壽あさ子さんから、この曲を使ってもよいという許可を得たものです。目も心も、落ち着く曲です。

この取り組みは、WAIWAIGroovin’で定期的に紹介されています。ぜひ、WAIWAIGroovin’を聴いてみてください。

    

  

音楽 人権の花をいただきました

富岡特別支援学校の中等部の皆さんから、人権の花のプランターをいただきました。

マリーゴールドです。富特の1年生が運んできたプランターを生徒会本部の生徒が受け取りました。本校と富特は、廊下で繋がっている珍しい学校です。体育館や校庭も一緒に使うことがあります。富特のみなさんありがとうございます。

  

イベント 星に願を

7月7日は七夕 最近は、七夕の行事をしなくなりました。本校では、美術部が描いた織り姫と彦星の絵に、願を記入した短冊を飾って、将来の夢や希望が叶うよう展示コーナーに飾りました。夢や希望があれば元気になれる。頑張れる。学校教育目標にも夢を叶え努力する生徒を目標に掲げています。生徒の夢や希望が叶うといいですね。

  

 

会議・研修 人権朝礼

6月28日(月)~7月9日(金)まで、人権について集中的に学習する人権旬間を開催しました。人権朝礼での校長講話をかわきりに、ビデオ視聴や道徳授業、人権標語の作成など集中的に学習しました。人権朝礼の講話では、「なぜ?人はじめをするのか」をテーマに、脳科学者の中野信子さんの著書「人はいじめをやめられない」の内容を紹介し、いじめを無くす方法を考えてもらいました。また、いじめが原因で自死した人をテーマに作られた歌「あかり」(歌:ワカバ)2011年内閣府の『いのち支える(自殺対策)プロジェクト』のテーマソングをyoutubeを観ながら、自死に至るまえに助けられないのか。SOSを出すこと、察することの大切さなどを感じ取ることができたと思います。

     

人権標語

   

 

体育・スポーツ 学級旗

 富岡中では、5月19日(水)スポーツフェスティバルを開催する予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため群馬県の警戒度が4でしたので実施できませんでした。延期に次ぐ延期となり、最終的には、学年毎に、規模を縮小して、7月に実施しました。学年ごとの実施ではありましたが、思い出に残る有意義な行事になりました。スポーツフェスティバルでは、各学級がオリジナルの学級をつくります。それが、以下の作品です。

1-11-22-1    

2-23-13-2

                                     

 

携帯端末 情報モラル講習会

6月25日(金)富岡警察署から、小柏巡査部長様を講師に招聘し、情報モラル講習会を開催しました。今回は、各教室で話を聞く形のリモートで実施しました。計画段階時、警戒度4でしたのでそのままリモートで実施することにしました。タブレットを活用した学習も徐々に軌道に乗りつつあります。生徒の中には家庭でスマホやパソコンをもっている生徒が多くなっています。夜遅くまで、画面を見ているせいか、視力が低下したり目の動かし方が緩慢だったりする生徒が増えています。そしてなにより、SNSにより「いじめ」や「犯罪」等の問題行動にかかわらないよう安全・安心な使い方ができる力を身に付けてもらいたいと思います。

  

お祝い 前PTA会長掲額式

6月18日(金) 掲額式を開催しました。昨年度PTA会長であった工藤会長(現PTA顧問)と現PTA会長の三川会長による除幕により写真が掲額されました。昨年は、コロナ禍のためPTA行事が縮小または中止となり、はがゆい思いをされたとのこと、それでも、PTAのご協力によりコロナ感染防止を各家庭に呼び掛けて、感染拡大防止に努めていただいたことは大きな成果であると思います。今年度も十分な活動ができるかどうかわかりませんが、子どもたちのために尽力して欲しいと願います。

左:三川会長 右:工藤会長

会議・研修 研究授業(理科)

6月17日(木) 群馬県総合教育センターの林指導主事をお迎えし、2年1組担任の田中先生が、理科の研究授業を実施しました。田中先生は、定期的に研修のため、伊勢崎市にある群馬県総合教育センターに通って、タブレットを活用した授業づくりの研究に取り組んでいます。今回、実際に授業を実施して効果や課題を探る研究授業を実施しました。普段から取り組んでいるタブレットを活用した授業なので、生徒のみんさんは慣れた手つきでタブレットを操作し、授業に取り組んでいました。

銅を燃焼したとき、銅と酸素の結び付く量に規則性があるか。あるとすれば、どのような規則か。

  

実験結果を考察し、ワークシートに自分の考えを記入します。記入できたら、タブレットのカメラで撮影し、提出ボックスに提出します。提出されたシートはどの生徒も見ることができるので、考えるヒントになったり、自分では気がつかなかった考えを知ることができます。今までであれば、隣近所の友だちの考えをのぞく程度でしたが、ブレットの良さは、時間と距離をなくしてくれますので、遠くの生徒の考えを一瞬で知ることができます。

花丸 花植え 地域づくり協議会

6月16日(水) 地域づくり協議会様からお花をいただきました。地域づくり協議会の方々のご指導の下、環境整備委員会の生徒が、プランターにマリーゴールドと日々草を植えました。生徒玄関に飾ってお世話をします。地域の方と一緒の活動ができたので良かったと思います。

  

注意 避難訓練

6月1日(月) 昨年の今日は、一学期の始業式と入学式を実施した日でした。あれから1年が経ち新しい生活様式で学校生活を送っている生徒達は、様々な学校行事を工夫し、成果を上げ、学校生活にメリハリをつけて過ごしています。今日は、第2学年が、避難訓練を実施しました。学年毎の避難訓練です。生徒達は、一生懸命真面目に避難訓練に取り組みました。富岡中の生徒は何事も真面目に取り組む子が多いです。