新着情報
学校生活の様子

令和4年4月~令和5年3月

人権朝礼

令和4年12月5日の学校朝礼は、人権朝礼として体育館で行いました。

校長先生から、「命」をテーマに話をしました。弱音や不満を「吐く」ことがあります。夢や目標をかなえるために、弱音や不満のマイナスな言葉を少しでもガンマンすると、「叶う」に変わります。「逃げる」の辶を扌に変えると、「挑戦」に変えることできる。「辛い」ときには、逃げてもいいです。でも、逃げずに挑戦し続けると、「辛い」に1画足すと、「幸い」に変わります。苦難、困難、災難がない無難な人生を送っているかもしれないが、「無」を「有」に変えると、「有難い」に変わります。命は、中で叩いています。それは、心臓であり、大切にしなければならない。命は、命がけで産んでくれた母を大切にしましょう。自分の命、他人の命を大切にしましょう。

薬物乱用防止教室

令和4年12月2日(金)、多目的室で学校薬剤師の小出様を講師に、1年生対象に薬物乱用防止教室を行いました。

生徒たちは、薬物の危険性を知ることができました。そこで、「薬物使用を誘われてもことわること」「困ったときには、誰かに相談すること」「大人になったときに信頼できる人のところに戻る場所を作っておくこと」「孤立しないこと」を教えていただきました。最後に、代表生徒からお礼の言葉を伝えて授業が終わりました。

第2学年 共生社会講演会

本日2年生は、ブラインドサッカー日本代表の園部優月選手に講演会をしていただきました。

 

共生社会講演会

「当たり前に混ざり合う社会の実現のために」

実際に園部さんにプレーを見せていただいたり、生徒もアイマスクを着けて体験したりすることができました。

 

後半には、ブラインドサッカーのことや日常生活についてのお話をしてくださいました。

 

生徒は真剣に話を聞き、共生社会への考えを広げていました。

後期人権集会

令和4年11月28日から人権旬間として、人権について集中学習を行います。

今日は、生徒会朝礼では、人権スローガン「だいじなおもい」の発表がありました。

「だ」れかに相談

「い」っしょに解決

「じ」ぶんをもっと大切に

「な」いてもいいよ

「お」こってもいいよ

「も」うあなたは一人じゃない

「い」つもそばにいるよ

次に、相手に勝たせるじゃんけん、「モラルじゃんけん『人への思いやりなど、自分は一人ではなく、相手がいることを意識してじゃんけんをすることです。』」を行いました。全校で楽しみながら行い、心温まる雰囲気になりました。

人権旬間では、人権に関する道徳の授業、人権に関する動画の視聴、人権の木を作成して掲示を行います。

キャリア教育講演会

令和4年11月14日の6校時に、パックンマックン(マックンは富岡市出身)を講師にキャリア教育講演会を体育館で行いました。

お笑い芸人であるパックンマックンが笑いを誘いながら、コミュニケーション能力を上げるために質問ゲームをすると良いと、にインタビューしたり、生徒との会話のやり取りをしたりして教えてくれました。また、コミュニケーション能力を上げるには、話し上手ということだけではなく、聞き上手ということも教えてくれました。日本に来ている外国人の方へのあいさつをするときのコツを教えていただきました。また、英会話についてのコツを実演してくれました。通じる英語を話せば良いと教えてくれました。英語を使うことへハードルが下がったと思います。言語と一緒に国の文化を知ることも必要であると教えてくれました。グローバルに生きるには、挑戦することが大切です。みんなが笑って暮らせる世の中にしていきましょうと、しめくくりました。

教育研究所の研究授業

10月27日木曜日の6校時に、FunglishRoom(多目的室)で、小林教諭による研究授業を公開しました。

今年度、小林教諭は富岡市教育研究所で研修を行っています。この日は、研究テーマをもとに研究授業を市内の先生方対象にオンラインで公開しました。生徒が、英語を楽しみながら学んでいる様子を公開することができました。

PTAあいさつ運動

10月24日、31日の朝に、富中の校門や通学路において、PTAと生徒の合同のPTAあいさつ運動が行われました。

PTAや生徒の代表(生徒会本部役員や生活委員会)は、「富中プライド」の旗を持って、校門や通学路で登校してくる生徒や小学生、道行く地域の方へのあいさつ運動を行いました。

PTAの方、生徒会本部役員、生活委員会、生徒の有志によって、あと2回の実施を予定しています。

学習発表会

令和4年10月20日、13時45分よりかぶら文化ホールで、学習発表会を行いました。新型コロナウイルス感染症拡大防止のために3年ぶりの実施となりました。在校生は、全員が初めての参加となりました。

音楽の授業で学習してきた「合唱」と総合的な学習の時間で学習してきた「探究の学習」の成果発表を行いました。

生徒会長挨拶では、「2つの学習発表会です。今まで練習してきた合唱、各々が興味があることを調べてきた総合の発表です。素敵な時間にしましょう。」とありました。

 

 

合唱コンクールでは、1年生、2年生、3年生の順で発表しました。

 

 

総合的な学習の時間の成果発表は、1年生はグループ、2・3年生は個人でクラスや学年の代表が発表しました。

 

 

閉会式では、合唱の最優秀賞、優秀賞、最優秀指揮者賞、最優秀伴奏者賞の発表と表彰がありました。

 

講評で、校長先生からは、「3年ぶりの開催が本当に嬉しいです。生徒のみなさんが、プライドをもって発表している姿が輝いていました。合唱では、いい歌になるように頑張ってきたと思います。3年生は、最初で最後の合唱を短い期間で、素敵な合唱を作り上げることができて、クラスも素敵に仕上げることができたと思います。1・2年生は、来年3年生を超えられるように頑張って欲しいと思います。総合学習の発表では、総合的な学習の時間がとても有意義な時間になったと思います。すべての教科で学んだことを使い、調べ、まとめ、発表することをしてきてよかったと思います。大変良い発表でした。この半年間の学習の成果を自信・プライドとしてこれからの学校生活を頑張って欲しいと思います。」と、ありました。大変有意義な半日を過ごすことができました。来年の開催が楽しみになりました。

表彰朝礼

令和4年10月17日は、表彰朝礼を体育館で行いました。

 富岡甘楽英語弁論大会、富岡市未来の科学の夢、西関東吹奏楽コンクール、東日本学校吹奏楽大会、富岡甘楽新人大会、富岡甘楽駅伝大会の表彰伝達を行いました。おめでとうございます。

 

新生徒会本部の認証式、生徒会引き継ぎ式を行いました。

旧生徒会本部役員の一人ひとりの挨拶、新生徒会本部の代表挨拶がありました。

旧生徒会本部役員の皆さんお疲れさまでした。新生徒会本部の皆さんこれからをよろしくお願いします。

合唱中間発表会

令和4年10月11日、5校時に各学年1組、6校時に各学年2組が合唱の中間発表会を体育館で行いました。

中間発表会を行うに当たって、ステージへの出入りの練習も行いました。本番同様に、生徒による司会進行で各クラスの発表を行いました。発表後、各クラスの代表が、「緊張して力が出しきれませんでした」「これから、頑張っていきたい」「表現が良かった」「ソプラノからテノールにつながるところが頑張ってください」「男声と女声の掛け合いがよかったです」「声量が大きくて綺麗でした」「合唱コンクールが楽しみになりました」「合唱コンクールを通して、技術だけでなく仲間と一緒に練習することでクラスが良くなって欲しいと思います」などと感想、アドバイスや合唱コンクールへの思いが発表されました。これから合唱コンクールに向けて、合唱をよりよく仕上げていこうという気持ちになれたと思います。