学校長挨拶

 

                「 自立 ~ 一歩先の自分 日々努力・成長 ~ 」 

 本校校長の中村喜雄と申します。どうぞ、よろしくお願いいたします。
 本校は、昭和22年4月19日、北甘楽郡富岡町立富岡中学校として開校した伝統ある中学校です。開校時に605名であった生徒数は、昭和30年のピーク時には1,337名に達しました。その後、昭和35年の学校統廃合による東中の分離、昭和51年の額部中の統合と昭和60年の南中開校に伴う高瀬・額部地区の分離等の校区変更とともに少子化の影響を受けて生徒数は減少し、本年度は、185名(8学級)となっています。
 また、本校南校舎を改築して平成25年に開校した 群馬県立富岡特別支援学校(開校時は、みやま養護学校富岡分校)と日常的に交流できる環境や平成26年に世界遺産登録された富岡製糸場に最も近い場所に位置する中学校であるなど、優れた教育環境を有する学校であります。
  本年度、28名の職員で「すべては生徒たちのために」を合い言葉に、総力をあげて学校教育目標の実現、そして、生きる力の基盤とも言える「自立」できる生徒の育成を目指してまいります。生徒たちが自立できるようになるには、「確かな学力」「豊かな心」「健全な心身」の育成を、中学校3年間でしっかりと行わなければなりません。この3つの力を育てるためには、生徒一人一人が、「一歩先の自分」を意識し、学習や部活動等の中で「日々努力・成長」することが重要です。自分を成長させるのは、自分自身の力です。生徒たちに、そのことをしっかりと気付かせて理解させ実践させていきます。以上のことから、本年度の学校経営のキーワードとして・・・
  自立~一歩先の自分 日々努力・成長(Charennge・Change)~」
を掲げました。
 結びに、生徒たちの健やかな成長は、学校の教育活動だけでは決して達成できません。保護者や地域の方々には、家庭での役割、地域としての役割を御理解いただき、学校、家庭、地域の三者で連携・協力することが不可欠です。保護者の方々には、生徒・学校への「最高のサポーター」として、地域の方々には、「最強のサポーター」として学校への応援団となっていただき、生徒たちの健やかな成長のために、本校の教育活動に対しまして、温かな御支援・御協力をお願い申し上げます。
                        
                       富岡市立富岡中学校
                       校長 中村 喜雄